ご飯をしっかり。

そんなことに気付くのは使ってくれる人がいるから。

美味しいお弁当。

おにぎりは2個でいい。梅とキューちゃん笑愛情があって、それでいて周りに説明しきれないもの。学生のころ、面倒でおにぎりの中に栄養となるおかず兼ぐざいだったな。

ふとん知恵の輪。

枕の片側に寄って、腕を伸ばしてねるのがすっかり習慣になってる。もう半分に、ピッタリハマるピースがあるみたいだ。

日々の生活。

朝ごはんはいらない。朝が弱いから。もしくは前日が夜長だから。お弁当を作ってもらって、いつ食べられるかわからないお弁当を持参する。休憩場所すらないなら、トイレ飯…はしない。質素でいい。作ってもらいたいのに、まず行動状況を伝えねば。

受け入れてくれる人。

イビキをかく。寝言で何か食べてる。ごめん。寝相悪くてチュウする、腕まくらする。許して。長い信頼は無駄ではない。

想い感。

君も好き、あなたも好き。ずっとそのスタンスだっけ。でも自分は大真面目です。珈琲の香りを漂わせながら思う。やっぱり勝手に珈琲屋さんの名前を出しちゃダメだなぁ。

季節の変わり目。

体調も芳しくなくなる時期。何となくうまくいかない続きな期間。新しい方向に出かけてみようかな。いつも同じコース走ってたしね。

電化製品が一斉に壊れ

あれこれ修理やら買い替えどきってあるけど、あれ壊れ始めても騙しだまし使ってるからそんな気がするだけだよね。全部新品以外はみんなどこか壊れているんだ。

他人(ひと)の振り見て我が振り直せ。

鈍感な人がいた。自分は気付いている。自分は考えている。うまいこと動かされているのは自分なのではないか。数少ない親の教えが今も自分を作っている。嫌な思いをしたら、自分も誰かにさせてるってこと。悪略講じたら嵌っているのは自分達だ。

snsの使い方。

個人情報、地名、建物名などなど。もし記載してしまったら今すぐ書き換えなくちゃ、全世界から見られている、気がする。

寝付けない夜。

暑くて寝苦しい夜、どんどんネガティヴな発想で頭が冴える。宇宙のスケールを想像して落ち着いていく。まもなく我が星は消滅するのではないか。

真っ赤な薔薇とジントニック

単純なゲームのbgmが好きだ。ヘビ、時計、目なクワヘンモヘジ。

世界、歩きスマホ、禅、ワニ、

蛇口の生えたネコの女の子。鉄塔。海の惑星に乗っている。星空。これが今の自分のクワヘンモヘジ。

難しい話。

わからないと無駄に相槌が大きくなってる。普通のリアクションは極めて薄いから、どちらにせよ自分の話を楽しく聞いてほしい人には不安がられる。

まじりあいたい。

という願い。

都合のいい。

2年なんて考えたけど、もう連絡する気でいる都合のよさ。浮気は許さないのに自分は追っかけをする都合のよさ。タバコも、その高い買い物も、って揚げ足の取り合いになるよね。だから沈黙。でも想いは伝わらないジレンマ。

本当に忙しい時

慌てている周囲を見て、ふと冷静になる。いけない、自分のペースに持って行かなくちゃ。と軌道修正かける。自分もそういう風に見られてたのかって反省する。

のんびりした暮らし。

熱い志をもって声高らかに宣言した人は、往々にして潰れていく。たくさん見てきた。本当の意志は虎視眈々。

潜伏期間。

次の機会まで冬眠するのもいいよね。闇雲に出ていってこじれるなら、待つことを選んで、年単位で待っていたのだから今さら気持ちは変わらないもんだ。

心配、快晴。

「無理しないでね」という言葉は実際には「あなたのことを思い出して心配しています」くらいにしか効力をもっていないものだ。けれども無茶はしないでほしい。

散歩日和。

自分のペースで歩いてると2駅先までなんて事ないのに、仕事だと電車を使う。もし歩いて交通費がうけば、、、そんなことを考えながら今日も満員電車に乗る。

七夕の願い。

織姫と彦星だって1年に一度会っているというのに。交信が文だからか凄く綺麗な言葉になって届いているよ。とても頭がいい。

両方想い、時々癇癪。

計画は段取りをくんで。妄想で済むならそうしてほしい。いたたまれなくなって癇癪を起こして、むやみに出歩いて暴漢に襲われたらしい。被害者はもちろん、その状況を作ってしまった人間もまた後悔に苛まれることになる。

健康志向2。

タバコは少なめ。お酒も休みやすみ。みたら褒めてね。「あれ、痩せたー?」って女子がとりあえず言っとけセリフじゃないか?笑

色々な人の影響。

色んなタイプに遭って、幅広く吸収してる。デスクワークをしてたら決して興味を持たなかったであろう分野や視点。そういう小学生のスポンジ並の脳なんだと思う。もちろんあなたから得たものもたくさんありますよ。

生活スタイルの変化。

柔軟を続けていい変化を続けてる。久しぶりに会ったときに「年とったね」じゃあ悲しいからね。

2日後から変更、2年後。

また、2年後と言って離れた。それが叶わずとも5年、10年先に慕い続けよう。ps.当分遠距離にいらっしゃるから、あえないでもない未練がましさ。

少しずつ大きな変化。

約束は守れず、距離は離れていく。そうなっても繋がっていられるのかな。

しゃくしゃく

芍薬が咲いた。翌日に花びらは全て散った。枯れるのではなく鮮やかな色のまま花としての役割を終えていた。全部拾い上げて捨てた。儚さも含めて美しいということなんだ。

家族の解釈。

家族という言葉が嫌い。あなたを思っての事という、都合のいい文句が使えるようになる。だから昔、結婚や家族になるなら届出はいくらでも書くって冷たく言ったことがある。式や行事が苦手な人間だから、届出もひっそりだして、あなたと暮らしていきたい。