当たり前の生活。

街ですれ違う人たちを見ても、物足りなく感じる。

普通には持てない関係に慣れて、当たり前に過ごすという感覚を覚えなくなったのだろう。

でもそれは、焦がれて待つことに順応したんだ。