想い感。

君も好き、あなたも好き。

ずっとそのスタンスだっけ。

でも自分は大真面目です。


珈琲の香りを漂わせながら思う。

やっぱり勝手に珈琲屋さんの名前を出しちゃダメだなぁ。