ジージーとギーギー。

可愛くない妖精が周りを回ってる。もう嫌だってヘッドホンを着けてもついてくる。一定の回転音は凄く心臓に悪い。君と一緒にいたと考えたらなんだか本体ごと壊してしまえばいいのではと思った。

うちの備品がまた一つ大破した。


たんちょうな日々。

何も変わらないのに、蝶の羽ばたきひとつで世界が動き出す。

雨上がりを想像してベランダから眺めてると君が降ってくるような。


ジャンプしてキャッチして滑り落ちるところはお笑い魂ということで。

え?あぁ、そう。

妄想と幻覚で幸せになれる日々。

君がもちろん私を好きだと信じているのは妄想じゃないよね?街中の人混みで手をつないでいてくれるのは幻覚だったみたい。

変な症状が出はじめているので、サンタから袋を借りて君をすっぽり誘拐して、モゴモゴする君をヘラヘラしようと思います。